人生上々!

旅好き会社員。毎日上機嫌で過ごしたい。

淡路島ドライブ〜花さじき〜生しらす〜高田屋嘉兵衛〜

2017/05 淡路島に生しらすを食べにいきました。

しらすは春と秋がシーズンで、足が早いのでその日に水揚げされたものしか、生では食べられないそうです。

それでは、ということで、こちらから足を運んで食べに行きました。

まずは、明石海峡を渡り、ついでに無料スポットの花さじきへ。

綺麗に咲いてました!

f:id:joujou1754:20170525202913j:image

ハモの天ぷらと、玉ねぎの天ぷらをつまみつつ。

 

f:id:joujou1754:20170525202947j:image

こんな綺麗になってました。育ってきたら色が違う!てならないのかな。あ、鉢の状態で咲かせてから植え替えるのかな?

f:id:joujou1754:20170525203043j:image

無料でこんなに楽しめるなんて、入場料とればいいのに。300円ならだすかな。

そういえばこの前会社で、あるサービスの価格を決定するのに、PSM分析っていうものをやりました。普段お客さま向けに価格を決めるような仕事はなかったので、なかなか面白かったです。ざっくりいうと、アンケートで、その商品に対して高すぎると思う金額、安すぎると思う金額、これなら買うかなという金額、というように聞いて、それをグラフにして交点を求め、適正金額を導くというような手法でした。たぶん。

話は戻して、下道で五色町に向かいました。

五色町はかの明治の偉人、高田屋嘉兵衛を生んだ町です。ざっくりいうと、海運業を営んだ人で、特に北海道、択捉島あたりの航路を開拓。先住の人々を従えて交易で栄える。ある時ひょんなことからロシアに連れていかれてだんだんロシア語がわかるようになり、幕府とのコネを使って日露の外交問題を解決に導いた人。出展:高田屋嘉兵衛生家跡の看板

f:id:joujou1754:20170525204158j:image

ちなみに、敷地内にあった記念館は移転したようです。Googleマップでは更新されていないので要注意です。

ネットで見つけた、「わざわざ買いたい淡路島土産」である嘉兵衛餅を買いに住吉堂本舗へ。

f:id:joujou1754:20170525204552j:image

柔らかくてとても美味しかったです!

隣接する工場で作っていて、作りたてを提供しているようです。 

 

五色ウェルネスパーク内の「浜千鳥」さんにて、念願の生しらす!フワフワ!うまうま!

f:id:joujou1754:20170525205349j:image

友人は、生サワラです。

f:id:joujou1754:20170525205417j:image

サワラも足が早く、漁港周辺でしか食べられないそう。

淡路島は、この二大生物で、盛り上げています。「生サワラvs生しらす」いい感じのサイトです。

 

ちなみにこのウェルネスパーク、大きな公園で、中にはログハウスや温室、遊具など家族で楽しめる施設でした。なぜか「あの鐘をならすのはあなた」を聴きながら鳴らせる鐘が設置されていました。カラオケバージョンも聴けるので熱唱できるようです。

 f:id:joujou1754:20170525210431j:image

このバラ道を抜けたところ、私の背後にに鐘があります。池の中にあり、なかなかオツな演出です。鐘の写真撮り損ねました。まだまだブログ初心者です。

 

さいごは、伊奘諾神宮へ。

日本最古の夫婦神ということで夫婦円満、国生み伝説からは子宝、安産祈願の神社。

f:id:joujou1754:20170525230713j:image

私も友人と夫婦円満のお守りを1500円で購入。お守り2つ入りだもの、この値段。。

しかし帰り際にふと黄泉の国のエピソードを思い出した。火の神を産んだことをきっかけに伊邪那美神は亡くなり、黄泉の国まで伊弉諾神は追いかけるも、約束を破って伊邪那美神の怒りを買い、最後は袂を別つ、と。。うーむ、、教訓なのだろうか、、

 

※おまけ

本当は、お昼は友人が調べてくれた「春吉」さんに行きたかったのですが、あいにく予約でいっぱいとのこと。。残念。また行きたいな! 

 

楽しかったです!